資料ダウンロード・お問い合わせ

Google Maps Platform
トピックス

Google Maps API 導入ガイド

タクシーの配車やカーシェアリング事業の効率化を実現するGoogle Maps Platform

通勤や買い物、休日の遠出など、車を使う機会はさまざまです。しかし、車は決して安いものではなく、維持費もかかるため乗る頻度によってはできれば車を持ちたくないと考えることもあるでしょう。そんな方に向けて、最近ではカーシェアリング事業が盛んに行われています。また、あまり車を使わない方の中には、必要なときにはタクシーを利用しているというケースもあります。
こうしたカーシェアリング事業やタクシー事業では、空いている車はあるのか、どこを走っていてどれくらいで到着するのかなど、車の使用状況を効率よく確認できることが大きなメリットとなります。Google Maps Platformを利用すれば、そうした業務の効率化が可能です。

タクシーの配車やカーシェアリング事業の効率化を実現するGoogle Maps Platform

■タクシー事業やカーシェアリング事業の効率化

上述したように、近年はカーシェアリング事業が盛んに行われていて、利用者も増えています。カーシェアリングの利用者層にはタクシーを利用する方も多く、より使いやすい、より効率的に利用できる仕組みが求められています。

タクシーやカーシェアリングを利用する場合、利用者が最も知りたいのは車の使用状況です。タクシーであれば、すぐに迎えに来てもらえるのか、到着までにどれくらいかかるのか、今どこを走っているのかなどが知りたいポイントです。カーシェアリングであれば、空いている車はあるのか、使用中の車はいつ帰ってくるのかなどがあげられます。
タクシーやカーシェアリングを利用したい方にとっては、こうした車の使用状況は常に最新の情報が欲しいものです。また、どこからでも手軽に確認できるのが大きなポイントとなります。タクシー事業やカーシェアリング事業の効率化のためには、最新の車の使用状況を、簡単に確認できるようにすることが大切なのです。

■Google Maps Platformを活用して車の使用状況を発信

Google Maps Platformを活用して車の使用状況を発信

車の使用状況を発信する方法はいくつかありますが、中でもおすすめなのがGoogle Maps Platformを活用する方法です。
例えばタクシーであれば、Google Mapにピンを立てることで乗車位置を指定でき、どれくらいの時間で到着するか表示できるようなサービスが実現できます。カーシェアリングであれば、Google Map上に提携している駐車場における車の使用状況を表示させることができます。このように、Google Maps Platformをうまく活用することで、タクシー事業やカーシェアリング事業の効率化を図ることができるのです。

上述したように、Google Maps Platformはタクシー事業やカーシェアリング事業の効率化に大きな意味をもちます。効率化を考えているなら、Google Maps Platformの導入を検討してみてください。
もしGoogle Maps Platformを導入されるなら、ぜひ当社にご相談ください。当社はGoogle Maps Platformの正規プレミアパートナーを務めており、導入から運用までしっかりとサポートできます。